スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨だからつくってみたー

5年前(2010年6月記事)に梅酒つくったよー記事を乗せましたが、今ではこんな立派な琥珀色になりました(´∀`)

・・・今回近所の酒屋が閉店セールでホワイトリカーがかなり安く買えたので、久しぶりにつくってみることに。
残った梅酒を下の容器に移し替えいざ新しいものをつくるぞー


u001 のコピー









u002 のコピー

と思ったら5年前に漬けた梅の実(約1kg)がごろごろと容器から出てきましたよ ┐('~`;)┌
でも、これを捨てるのはもったいない。
なんか再利用できないかと調べてみたところ、梅ジャムが一般的ということがわかりました。
ちょっと面倒くさいかもーと思いながらも100円ショップに走り、瓶(240ml)を3つ購入し、いざ作成準備に。












u003 のコピー

うーん、台所がとっちらかってます。
中央には晩のおかずの豚肉ニンニク醤油漬けが陣取ってます(。・ρ・)
とりあえず古い梅酒は全て別の容器に移し替え、容器を洗浄乾燥しました。










u004 のコピー

とりあえず梅を沸騰した湯で5,6分煮込みます。
熱でアルコールを飛ばしつつ、あとで種を取る作業をするのでやわらかくしています。











u005 のコピー

その間に梅酒をつくることに。
下準備(容器の洗浄乾燥、梅の実の洗浄とヘタ除去)ができていればとっても簡単。
梅(1kg)と角砂糖(850g)を交互に入れて・・・










u006 のコピー

ホワイトリカーを注ぎ、半年待つだけ。
何コレ超簡単じゃん(ノ゜Д゜)八(゜Д゜ )ノ★彡イエーイ











u007 のコピー

梅酒が終わったところでジャム作りの作業を再開。
良い感じにやわらかくなった梅を、両手にビニール袋を装備して握りつぶしながら種と実を分離していきます。
いや、これ超熱いんですけど。普通にヤケドするんですけど(;´д`)
というわけで冷ましながら少しずつ分離。
結構種(右側)にも実がこびりついてしまうのでもったいないと思いました。
ココのやり方は改善の余地アリかもしれません。










u008 のコピー

鍋に先ほど梅を煮込んだときの残り汁200ml、梅酒作成であまった角砂糖150g、梅の実を放り込み、10分程とろみがつくまで煮込みます。
見た目の色がよくないのでおいしそうには見えませんね^^;
でも香りは結構いいです。
というかアルコールをとばしたハズなのに、香りだけで酔ってきます。









u009 のコピー

その間に熱湯でジャム瓶を消毒しておきますε-(´o`;A アチィ










u010 のコピー

u011 のコピー

良い感じにとろみがついたところで瓶に入れて終了。
消毒で使った熱湯は卵をゆでて再利用です(´・ω・`)










u012 のコピー

少し冷ませた後に蓋をして完成(ノ゜Д゜)八(゜Д゜ )ノ★彡イエーイ









u013 のコピー

数時間後、冷蔵庫から取り出して早速パンにつけて食べてみました。
自画自賛するのもアレですが、驚くほど梅の酸味風味甘味が口の中に広がって超 ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ でした。
お裾分けして食べてもらいたいくらいヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ でした。
ただ、この味を数年に1度しか楽しめないのはちょっと残念ですね。
生梅からつくる方法もあるのかしら?(´-`)








スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。