スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アバター

豊洲のららぽーとの中にある映画館で見てきました。
アバター(3D版)・・・
いや、ホントびっくりしました。
お話そのものはありがちで展開も読みやすい、可もなく不可もないものでしたが、それ以上に映像がとにかく凄い。
3Dのメガネを使用して鑑賞するだけあってとにかく臨場感があふれることあふれること。
ジャングルをダッシュするシーンなんかは蹴り上げた足から本当に土が飛んできているようでしたし、高い崖から下を覗き込むシーンは本当に怖かったし、翼竜に乗って空を飛び回るシーンは本当に迫力がありましたし、夜の森に光る植物や浮遊生物は本当に綺麗でしたし、アクションシーンなんかはもう・・・。

手間とコストがどのくらいかかるのかは知りませんが、間違いなく今後は、こういった作品がかなり増えてくると思いました。
レンタルDVDでも、きっと3Dで鑑賞できるものが出てくると思います。
ひょっとしたら、ジュラシックパークやターミネーター、パイレーツオブカリビアンなど、3D化された復刻版が出てくるかもしれません。
そう思ってしまうくらい、自分にとっては衝撃的な作品でした。
女神がよく利用している映画評論サイト「みんなのシネマレビュー(ttp://www.jtnews.jp/)」の水準で点数を付けると8点くらいでしょうか?
家庭の小さいブラウン管TVで普通に鑑賞したとしたら、5、6点だと思います。
料金は少々高めでしたが、これは映画館で見る価値が十二分にあります。
最近映画館で映画を見てないという方には超絶対オススメの作品です。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。